自然を身近に感じながら大地に種を蒔き「命の糧」を育む。 | 風のがっこう

風のがっこうのこだわり

風のがっこうのこだわり

高品質で、首都圏などでも人気のミニトマトを主軸に生産

農場紹介

農場紹介

風のがっこうが持つ、伊達・札幌の2箇所の農場について

従業員の声

従業員の声

従業員が思う会社の魅力や働き方など生の声を紹介します

採用情報

採用情報

ミニトマト生産規模拡大に伴い生産管理者を募集しています

新着情報New Topics

風の学校のこだわりPreference

高品質で、首都圏などでも人気のミニトマトを主軸に生産

北海道札幌南区と伊達市で、高品質にこだわったミニトマトを軸に生産する『風のがっこう』。ラグビーボールのようなかわいらしい形が見た目の特徴の『アイコトマト』やトマト本来の味を楽しむことができるミニトマト『ラブリーさくら』などのミニトマトを中心に、カボチャや米を生産しています。
代表を務める平賀農さんは、「付加価値の高い作物を生産し、多くの方に喜んでもらいたい」直接契約販売により高い売上単価を追求し続けます。

障害者の方を採用するなど、スタッフの個性や能力、強みを生かして輝くことができる環境を整える『風のがっこう』では、さらなる事業拡大を視野に入れています。

主軸となるミニトマトは、年間で約55tを生産。繁忙期には、地元のヘルパーさんも雇用し、大忙しとなります。収穫物の販売先は、首都圏などに展開する高級スーパーマーケットをはじめ、百貨店など、社長、自らが販路を開拓しました。高品質と好評と博し、北海道内の平均価格よりも2倍以上で取引されることもあります。

今後はミニトマトの生産規模の拡大を目指すとともに、500tの貯蔵が可能な、かぼちゃ用出荷場の建設を予定しております。

ミニトマト『ラブリーさくら』
ミニトマト『ラブリーさくら』

農場紹介Farm Introduction

風のがっこう 伊達農場

風のがっこうのミニトマトのほとんどがこちらの農場にて生産されています。

ビニールハウスの中で育っているトマトは、「アイコ」という『ミニトマト』。自分で摘み取ることもできます。「アイコ」はけっこう甘みがありそのまま食べてもとても美味しくて、料理に使っても微かな程よい酸味も醸し出します。

風のがっこう 伊達農場

住所
〒052-0007 北海道伊達市西関内町171-1
電話番号
0142-82-8787
FAX
0142-82-8787
メールアドレス
hiragatsutomu(アットマーク)gmail.com
アクセス方法
伊達ICから車で5分/虻田洞爺湖ICから車で15分

風のがっこう 札幌農場

札幌市郊外の広大な敷地を利用し、主にかぼちゃを生産しております。

今後は伊達農場の規模に追いつくよう生産拡大を目指している主要拠点です。

風のがっこう 札幌農場

住所
〒061-2274 北海道札幌市南区小金湯580番地
メールアドレス
hiragatsutomu(アットマーク)gmail.com
アクセス方法
じょうてつバス 八剣山登山口停から徒歩3分

従業員の声Voice

得た利益は、従業員に還元

高知県出身の廣瀬さんは、大学進学を機に北海道に暮らし始めました。多くの仲間とともに、充実した学生生活を送っていた中、ゼミの先生の紹介で、代表の平賀さんと出会い「平賀さんの農業に対する姿勢に惹かれ、一緒に仕事がしたい」と農業の門をたたきました。

未経験から始めた農業でしたが、現在では、伊達市にある同社の農場責任者として活躍しています。廣瀬さんは、「前年より収穫量が多くなるよう、工夫しながら取り組んできた成果が出た時がうれしい。

平賀さんが、農業の魅力を教えてくれたように、将来は、農業を志す人にその素晴らしさを伝えていきたい」と目を輝かせます。夏が忙しい分、冬はゆっくりとメリハリのある働き方ができます。

得た利益は、従業員に還元するという社長の気持ちに応えるよう頑張ります!!

風のがっこう 廣瀬論人さん
従業員 廣瀬論人さん
風のがっこう 石田和寿さん
従業員 石田和寿さん

農業は本当に楽しい

石田さんは、土木関連企業で働いていましたが、親戚の知り合いという平賀さんのもとで、平成28年から働いています。「今はトマト栽培の基本を学んでいます。とにかく、学ぶことの多い毎日ですが、農業は本当に楽しいです」。

「ここでは、夏の間は、しっかり働いて、冬はゆっくりお休みするというメリハリをつけた働き方ができます。冬は温泉に行くなど、家族水入らずで過ごす時間が増え、満足しています。」

冬期間長期休暇があり給与も保証していただけるので、繁忙期には目いっぱい働きます!

採用情報Recruit

会社名
風のがっこう
職務内容
ミニトマト生産・出荷 かぼちゃ生産・出荷
募集背景
ミニトマト生産規模拡大に伴い生産管理者募集
雇用形態
社員
試用期間
3ヶ月
必須・歓迎スキル
普通自動車免許・元気で体力のある方・がっつり働いて、がっつり休みたい方募集!

勤務条件

勤務地
第1農場 伊達市西関内/第2農場 札幌市南区小金湯
年収
2,160,000円~/基本給(月)180,000円~/交通費(月)5,000円/住宅手当(月)15,000円/子供手当(1人)5,000円
勤務時間
8:00~17:00/繁忙期 6:00~19:00(7月下旬~8月下旬)/変形労働時間制 有
休日休暇
11/20~3/5(115日)※冬季休暇期間給料保証します
福利厚生
社会保険・厚生年金・雇用保険・労災保険・退職金制度(3年目より)
定年
65歳
転勤
なし

選考内容

募集人数
3人
面接回数
1回
1.履歴書送付 2.面接 3.採用

会社概要Company

会社概要

事業内容
主にミニトマト生産・販売 / かぼちゃ生産 / ビニールハウス施工(請負もしくは自社用)
栽培品目
ミニトマト 45t / 南瓜 5t / 米 3t
資本金
55万円
年商
約5,500万円(平成31年度予定)
従業員
男 10名 / 女 25名
代表取締役
平賀 農(団体役職 JAさっぽろ青年部本部 部長、北海道農業法人協会 監事)
役員
平賀 麻美
社員
5名
研修生
1名
外国人従業員(ベトナム女性)
5名
障がい者
1名
取引銀行
北海道銀行 伊達信用金庫 室蘭信用金庫 苫小牧信用金庫
JAさっぽろ 伊達農業協同組合 JA伊達市
連絡先
電話番号: 090-9753-9468
Mail: hiragatsutomu(アットマーク)gmail.com

アクセス方法:じょうてつバス 八剣山登山口停から徒歩3分

沿革

2007年(H19)
現代表 平賀農がNPO風のがっこう設立者の法人に新規就農し役員就任
2010年(H22)
独立し株式会社風のがっこう設立
新たに小金湯の農場を賃借
2019年(H31)
1月より10期スタート

お問い合わせContact